引越のための準備品

引越のときおまかせで業者に頼まない限りは、自分で荷造りをしなければなりません。
これが最も重要で、はっきりいってメインの作業といってしまってもいいでしょう。
やりなれなければとても大変なものですから、準備を万端にしておいて少しでもスムーズに進めるようにしましょう。

まず荷造りに必要なものとして、ダンボール、ガムテープ(布)、エアパッキン、新聞紙、はさみ、カッター、マジックなどを自分で用意するようにしましょう。
ハンガーボックスなど場合によっては、業者から借りることができるものもあります。
新聞紙は食器など割れ物をくるむ用途のほかに、すき間をうめる緩衝材としても使えます。
多めに用意しておくほうがよいでしょう。
ダンボールは全て購入しなくてもスーパー、コンビニなどでもらえる場合もあります。

ダンボールを組み立てる時に、内側をしっかりガムテープで補強するようにしましょう。
四辺を互い違いにはめ込む方法は、底がぬけてしまいますからやめておきましょう。
荷物を詰めていくと、考えているよりもかなり重くなります。

コツをつかんでしまえば、速く作業がすすむようになります。
引越当日にあわてることがないように、しっかり準備するようにしましょう。