引越前にきちんと不用品を処分

引越の荷造りをしていると、どうしてもでてくるのが不用品です。
引越し業社の選定が終わると、大掃除もかねて、と考えていても大きなものや家電となると簡単には捨てることができません。
各都道府県、市区町村によってもさまざまな決まりがありますから、それをしっかり踏まえておき立つ鳥跡を濁さずできちんと処分したいものですね。

まず自分では使わないけれどまだ新しいものなどは、リサイクルショップを利用するとよいでしょう。
特に家電は処分にお金がかかる場合が多いですから、反対に買い取ってもらえればよしとして一度見積もりを出してもらいましょう。
ブランドものの古着や使っていない食器なども、リサイクルショップでは高確率で買い取ってくれます。
ただし、引越ぎりぎりまで使いたいものを早めに引き取ってもらうと、困ってしまいますよね。
いつに売却するのかも、リサイクル業者ときちんと話をしておくようにしましょう。

また読まない本、雑誌も古本屋に買取をたのみましょう。
ある程度の冊数がまとまると、自宅までとりにきてくれます。
状態のよい本であれば、高く売れる可能性もあります。
買取してもらえなかった場合は、資源ごみとして処分しましょう。

また粗大ゴミは有料の地域もあります。
回収日が月一回程度のところもありますから、粗大ゴミの対処は早めに行った方がよいのです。