雨の日の引越の工夫

引越の日を事前に決めておくわけですから、天候にかかわりなくすすめなければなりません。
雨が降ってしまった場合に、丁寧な作業をしてくれる作業員であれば問題ありませんが、残念ながら必ずしもすべての作業員がそうであるとは限りません。
自分で荷造りの段階から、雨天対策をしておくことが大切になってきます。

トラックに荷物を積むまでの間は、どうしても雨ざらしになってしまう可能性は避けられません。
濡れては困るものは、ビニール袋に入れてから梱包しておくようにしましょう。
特に電化製品などは破損防止も兼ねて、しっかりエアパッキンで包んでおきましょう。

引越先に着いたときは、まず荷物をさっとふけるタオル類をすぐにとりだすようにします。
家に入れる前に荷物を拭くようにすると、床が濡れたり汚れたりすることを極力防ぐことができます。

また搬入したダンボールを積む場所を一箇所に決めて、その場所にレジャーシートを敷いておくようにしましょう。
梱包をといて濡れていない状態のものを、各部屋にいれていくようにすれば安心ですね。

とにかく大変さがつきまとう雨の日の引越は、準備をきちんとしておくことで作業が円滑にすすみます。
選んだ業者側の配慮にあまり頼りすぎず、自分でも対策をとっておくようにすればよいでしょう。