引越はがきを出すタイミング

親戚、友人、仕事仲間など引越したことを知らせたい相手には、引越はがきを送りましょう。
もちろんこの頃はメールでさっと、という方も多いかもしれません。
しかし引越後自宅にインターネット環境がすぐに整うかどうかも分からないことがありますから、はがきを準備しておくようにするとよいでしょう。
メールで連絡を取っている相手の、住所を知らないことが多々あります。
メールだけで簡単に済ませるのは味気ない、と思っている方は忘れずに住所をきいておくようにしましょう。

はがきは、遅くとも引越後1ヶ月以内に送るようにしましょう。
10月の終わりから11月ぐらいであれば、年賀状でまとめて転居を知らせてもよいかもしれません。
ただし相手側が送った年賀状は、旧住所から転送されて送られてくることになりますから到着日が遅くなる場合もあります。
転送の申し出も郵便局にしておくようにしましょう。

はがきには簡単なあいさつ文と新しい住所、電話番号はもちろん必須です。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい、という文章とともに略地図や最寄り駅を記入しておくとよいですね。

転居が終わるまで荷物の整理、役所関係の処理など大変忙しくなることが分かっています。
はがきで知らせたい、と思っている場合は引越前に準備しておくと時期が過ぎてしまった、という失敗を減らすことができます。